北朝鮮による弾道ミサイルの発射に厳重に抗議する(談話)

声明・談話

2017年9月15日

北朝鮮による弾道ミサイルの発射に厳重に抗議する(談話)

社会民主党幹事長 又市征治

 1.北朝鮮は、本日午前6時57分ごろ、弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルは北海道上空を通過した後、同7時16分ごろ太平洋上に着水した。社民党は、北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射に対し、厳重に抗議する。今回のミサイルによる被害は確認されていないものの、我が国の領土・領海内に落下する可能性のあるミサイルの発射は、民間船舶や航空、漁業・水産関係者をはじめ国民に不安を与えるとともに、甚大な被害を生じさせる可能性もあり、断じて認められない。また、累次の国連安全保障理事会決議に反し、北東アジア全体の軍事的な緊張を増すことを憂慮する。

2.安倍政権は米国とともに、制裁強化を訴え、危機を煽っているが、制裁や圧力は事態を複雑にするばかりで、効果が見えない。すべての関係国は、危機を煽り挑発や緊張を高める行為を自制し、事態をこれ以上悪化させるような行動を避けなければならない。

3.9月11日に採択された国連安保理決議は、外交や政治による平和的な問題解決を強調し、6か国協議の再開や関係各方面が朝鮮半島の緊張を和らげる措置をとることを求めている。軍事解決に活路はなく、徹底した対話による外交努力で平和的解決を目指すべきである。社民党は、すべての関係国が朝鮮半島の非核化、平和安定実現に向け、あらゆる外交努力を行うよう強く求める。日本には、2005年の「6か国共同声明」の実現に向けて、中国、ロシア、韓国とともに米国と北朝鮮を粘り強く説得する役割が求められている。

以上