声明・談話

2017年4月25日

今村復興相の再度の暴言を糾弾し、即刻辞任を求める(談話)

社会民主党幹事長 又市征治

1.本日夕方、今村復興相は自民党二階派のパーティーでの講演で、東日本大震災について、「東北で、あっちの方(地方)だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大なですね、甚大な被害があった」などと述べた。地方を蔑視し、故郷を追われたり、復興の遅れに苦しんだり、生活再建の途上にある被災者を傷つけるとんでもない発言であり、東日本大震災によって亡くなった全ての犠牲者への冒涜である。今村氏は、4日の記者会見でも、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応に関し「本人の責任だ。裁判でも何でもやればいい」などと発言したばかりである。社民党は、今村氏の就任に際して、「被災地出身ではない」ことから、「東日本大震災の復興が進まず、被災地や被災者の切り捨てが進む中、現地の声が届かなくなることを懸念する」と指摘したが、被災者や被災地に寄り添えない今村氏に復興相の資格はないことが改めて明らかになった。

2.今村氏は発言を撤回したが、撤回ではすまされず、今村氏は即刻辞任すべきである。辞任の意向を固めたというが、遅すぎる。今村氏の前任の高木復興相も疑惑が追及され、十分な職責を果たさないまま改造で退任した。安倍首相は、「今村大臣から東北の被災地に対する不適切な発言があり、私からおわびしたい」としたが、安倍政権自体が被災地の復興、被災者の生活再建を軽視しているのではないか。社民党は、今村氏を復興相に任命した安倍首相の任命責任、安倍政権の復興を切り捨てる姿勢を厳しく追及していく。

以上