声明・談話

2017年4月16日

山本幸三地方創生担当相の辞任を求める(談話)

社会民主党幹事長 又市征治

1.山本幸三地方創生担当相は本日、大津市内で、「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」などと述べた。学芸員は、博物館法に定められた、博物館におかれる専門的職員であり、観光の専門職ではない。全ての学芸員・学芸員補に対する侮辱であり、許されない暴言である。博物館の意義や役割に対する無知にあきれかえる。また、がんに苦しむ患者に対する思慮にも欠ける発言である。

2.山本発言は、公共性より効率・採算や利益を優先し、稼ぐ力をつける「地方創生」目指す安倍政権の姿勢の表れでもある。資質に欠け、問題発言を連発する、安倍政権の閣僚こそ「一掃」されるべきである。山本大臣に地方創生担当を務める資格はない。発言を撤回し、潔く辞任するよう強く求める。

以上