声明・談話

2016年12月22日

米軍北部訓練場4千ヘクタール返還について(コメント)

社会民主党党首 吉田忠智

 本日午前0時に、沖縄県にある国内最大規模の米軍専用施設「北部訓練場」(東村、国頭村)の半分超に当たる約4千ヘクタールが引き渡され、本日記念式典が行われました。

 1972年の本土復帰後最大規模であり、返還で沖縄県内の米軍専用施設面積は約17%減ることになります。政府は、数字の上で「負担軽減」と見せかけていますが、国内にある米軍専用施設の沖縄への集中度も約74%から約70%になるだけで、なお重い負担が続くことに変わりありません。

 しかも内実は、新たに獲得したヘリパッドによってオスプレイの運用を効率化する基地再編であり、基地機能は強化され、北部訓練場過半の返還による「負担軽減」はまやかしでしかありません。

 SACO(日米特別行動委員会)合意になかったオスプレイが環境影響評価を行うことなく飛行し、ヘリパッド工事での政府の姿勢は到底容認できません。沖縄への強権的な姿勢こそ見直すことを強く求めます。

以上