声明・談話

2016年11月24日

荻生田官房副長官の「田舎のプロレス」「茶番」発言について(コメント)

社会民主党党首 吉田忠智

 安倍首相の側近の萩生田官房副長官は23日、東京都内で開かれたシンポジウムで、TPP承認案の衆院特別委員会採決に猛反発した野党を念頭に、「田舎のプロレス」「茶番」と述べた。国民の負託を受けて国会で責任を果たしている野党を侮辱し、国権の最高機関である国会を冒涜する発言であり、断じて許されない。TPP承認案と法案を提出して審議をお願いしているのは政府の側である。茶番というなら、アメリカの離脱が決まってからも審議し続けることが茶番だ。言語道断の発言の撤回を求めるとともに、官房副長官の職責に値しない萩生田氏は更迭しかない。

以上