声明・談話

2016年9月9日

北朝鮮による度重なる核実験に強く抗議する(談話)

社会民主党幹事長  又市 征治

 1.本日午前9時半頃、北朝鮮で核実験の可能性があるマグニチュード5.3の人工地震が感知された。核実験であるとするならば5度目であり、社民党は、強く抗議する。あらゆる国の核実験に一貫して反対するとともに、北東アジア地域の非核地帯化を実現する努力を一貫して続けてきた社民党は、度重なる北朝鮮の核実験を認めることはできない。

2.国連安保理は、北朝鮮に対して、これまで何度も自制を求めてきた。また、6日、北朝鮮に対し、核実験を含めて、安保理決議に違反するこれ以上の行動を控えるよう求める報道機関向け声明を発表したばかりである。さらに現在、あらゆる国に爆発を伴う核実験の自制を要求する決議草案の議論が進んでいる。こうした国際社会の動向を無視し、またも核実験を行ったとすれば、国際社会の平和と安定を損ないかねず、特に北東アジア地域に新たな緊張をつくり出すものである。

3.北朝鮮は、「朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守する」ことを確認した日朝平壌宣言や、「すべての核兵器及び既存の核計画を放棄すること」等を約束した六者会合共同声明をはじめとする国際合意を真摯に守り、ただちに核兵器の開発を中止すべきである。

 以上