声明・談話

2016年1月19日

社会民主党20年に当たって(声明)

社会民主党

1.憲法を護り、平和と民主主義、公正と連帯を求め続けた日本社会党は、1996年1月19日、「天空のように澄みきった透明度の高いスカイブルーの政党」をめざす社会民主党に党名を変更し、新たな出発を遂げました。そして本日、社会民主党は日本社会党から生まれ変わって20年を迎えました。これまでの社民党・社会民主党に対する多くの皆様のご支持・ご支援・ご協力に心から感謝とお礼を申し上げます。

2.この20年は、坦々とした道のりではなく、むしろ茨の道でした。乗り越えなければならない多くの苦難や課題が待ち受けていました。そうした中、ここまでたどり着くことができたのは、ひとえに「社民党をなくしてはいけない」、「政治に社民党が必要だ」と歯を食いしばり頑張ってくださった、職場や地域で奮闘されている党員・協力党員の皆さん、困難な中で応援をしてくださった働く仲間や市民の皆さん、何よりも社民党に思いを託し投票をしてくださった多くの国民の皆さんのおかげです。私たち社民党は、本当に多くの皆さんの努力の結果として今がある、ということを実感しています。だからこそ、社民党に寄せられる思いや願いをしっかり受け止め、さらなる躍進を目指して奮闘することでお返ししていかなければならないと決意を新たにしています。

3.私たちは、幾多の困難に直面しながらも、「平和主義・憲法擁護」の政治信条のもとに、国民の「いのちと暮らし」を守る活動に取り組み、憲法が生かされた社会の実現をめざしてきました。20年の節目にあたり、「誰のために、何のために、どんな社会をめざして党旗を掲げてきたのか」を党員一人ひとりが思い起こすとともに、改めて私たちは、格差拡大・弱肉強食・憲法破壊に突き進む安倍政権を先頭にした、新自由主義・新保守主義勢力への対抗軸は、「平和・自由・平等・共生」の理念の下、「人々が個人として尊重され、自然と調和し、平和で人間らしく生きることのできる社会」をめざす社会民主主義を掲げた社民党だということに誇りと確信を持ち、新たな一歩を踏み出します。

4.今、平和憲法は、最大の危機を迎えています。安倍政権は、7月に予定されている参議院選挙で、改憲発議に必要な3分の2以上の議席確保を図り、明文改憲の道筋を固めようとしています。ここで社民党の歩みを止めることは、平和と民主主義、社会的に弱い立場の方のために闘ってきた、社会党時代以来の71年間の歴史を無にすることにほかなりません。国民の声に耳を傾けず、弱い立場の方を切り捨て、立憲主義、平和主義、民主主義をないがしろにする安倍政権の暴走を食い止め、戦後最大の危機を迎えている平和憲法を全面改悪する企てを打ち砕くためにも、参議院選挙でなんとしても勝利しなければなりません。そして、戦争の放棄や幸福追求権、生存権などを規定した憲法の理念が活かされる政治の実現に全力を挙げて参ります。

5.今なお前途には大変厳しいものが横たわっています。しかし、どんなに厳しくとも、皆さんと一緒に歩むことができるのであれば、決して乗り越えられない壁はないはずです。社会党時代を知らない世代の中からも、「社会民主党宣言」に共鳴し、新たに加わった仲間たちが全国で活躍しています。20年の本日を機に、改めて社民党は、党改革をさらに遂行し、国民の信頼と期待に沿う活動を全国各地で進めるとともに、共に歩んでくださる方々との絆を結びその輪を大きくし、これからも邁進して参ります。

以上