声明・談話

2015年5月12日

オスプレイの横田基地配備決定について強く抗議する(談話)

 社会民主党幹事長
又市 征治

 1.アメリカ国防総省は11日(日本時間の12日朝)、空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイを再来年以降横田基地に新たに配備する方針を正式に発表した。2017年の3機を皮切りに、最終的には10機を配備する計画である。配備が実現すれば日本本土へのオスプレイ配備は初めてとなる。しかし、横田基地は人口が密集した市街地に所在しており、かねてより航空機騒音に悩まされ、また、航空機の墜落や部品落下といった人命にかかわる事故への懸念などからも、周辺住民の日常生活での不安が続くなど、住民や周辺自治体の不安や怒りも募っている。社民党は、アメリカ政府及び日本政府に対し、強く抗議するとともに、配備の撤回を求める。

2.オスプレイは、開発段階などで事故が相次ぎ、空軍のオスプレイは、2012年に南部フロリダ州の基地で演習中に墜落事故を起こしたこともある。しかも、防衛省の資料でも、飛行時間10万時間当たりのMV22の事故率は1・93である一方、CV22は13・47と約7倍高い。人口の多い住宅密集地に、MV22よりさらに危険なCV22を配備するなど許されない。ただでさえ、3月には嘉手納基地所属の偵察機から約900グラムの部品が落ちたり、普天間飛行場所属のオスプレイが約200グラムの部品を落としたりするなど、在日米軍が起こした墜落・落下事故が相次いでいる。一歩間違えば人命を損ねる大惨事になりかねない。

3.中谷防衛大臣は、「低空飛行、夜間飛行(訓練)は実施」することを明言している。しかし、横田基地を離着陸する航空機による騒音は高いペースのまま推移し、苦情が寄せられる地域も広がっている。これ以上周辺住民や自治体の意思を無視して、騒音や事故の危険性を増やすことは認められない。

4.元々想定されていた嘉手納基地への配備ではなくなったからといって、横田基地配備は、「沖縄の負担軽減」などでは決してない。主に空軍の特殊作戦部隊の輸送を担うCV22は、353特殊作戦群の兵士を乗せた訓練を沖縄県内で実施するため、嘉手納基地に飛来することは確実とされる。CV22の横田配備によって、自衛隊と米軍の一体化が加速し、訓練が続けば沖縄の負担も増すことになる。米軍の「沖縄以外の初配備」に向けた地ならしを許すことはできない。

5.周辺自治体や地域住民への情報開示もきわめて遅いし、理解も得られていない。そもそも日本の防衛に必要がなく、危険なオスプレイを受け入れ、民意を無視して押し付ける、安倍政権の姿勢自体に問題がある。社民党は、MV22オスプレイ24機が配備されている普天間基地をはじめ、全国の基地周辺の皆さんとの連携・共闘を一層強化し、オスプレイ配備・訓練計画の撤回・断念を求めていく。

以上