声明・談話

2015年1月26日

許せない「イスラム国」による湯川遥菜さんの殺害、
改めて後藤健二さんの即時解放を求める(コメント)

社会民主党幹事長 又市征治

1.社民党は、拘束された二人の無事を願っていたが、ISIS「イスラム国」は25日、ラジオのニュースで「『イスラム国』は、日本に予告していたことを実施する形で、日本人の人質1人を殺害した」と報じ、湯川遥菜さんの殺害を、初めて公式に認めた。イスラム教徒に改宗し贖罪の意志を示していた同氏への無慈悲かつ残虐きわまりない行為に対し、衝撃と憤りを禁じ得ない。

2.社民党は、ISISに対し、改めて、後藤健二氏の即時解放を求める。

3.日本政府は、最後まで人命最優先の立場で、あらゆる可能性を引き続き模索すべきである。関係国・関係機関と協議の上、人質の救出・解放への真摯な対応を求めるとともに、社民党も党派を超えて無事の救出・解放に協力したい。

以上