声明・談話

2014年12月14日

第47回衆議院総選挙投票日に当たって(声明)

社会民主党

 本日、第47回衆議院総選挙の投票日を迎えました。社民党は、国民に背を向けた安倍政権の政治そのものを問う選挙であるとして、「平和と福祉はやっぱり社民党」というスローガンを掲げ、「アベノミクス」による生活破壊を許さず、家計への支援を最重点に雇用と所得の安定を実現すること、「戦争できる国」に向かう特定秘密保護法や集団的自衛権の行使を認めず、平和憲法を守り抜くこと、原発再稼働を許さず、再生可能エネルギーを促進し脱原発社会を目指すこと、TPPへの参加に反対し、農林水産業と地域を守ること、を中心に訴えて参りました。極めて短い選挙戦ではありましたが、「アベノミクス」の失敗、集団的自衛権の危険性、原発の問題点、TPPの影響などを明らかにした社民党の主張の広がりと、有権者・国民の皆さんの共感を感じています。

 今度の選挙で自民党を勝たせれば、「安倍政権とその政策は国民に信任された」と言い募り、労働法制は改悪され雇用全体がブラック化し、原発再稼働で行き場の無い核のごみを増やし続け、沖縄の民意を踏みにじり、新基地建設を強行し、集団的自衛権行使を押し進めて戦争する国へ転換し、TPP参加で農林漁業と地方を衰退させ、2年後には経済状況に関係なく消費税は10%に引き上げ、そしてその先には憲法の全面改悪が待っています。立憲主義を否定し民意に背を向ける安倍政権が継続すれば、皆さんの暮らしがさらに悪くなり、平和憲法そのものも危なくなってきます。

 先日亡くなった、土井たか子名誉党首は、「がんこに平和、元気に福祉」と全国を駆け回り、「日本国憲法を貫く平和主義は、日本国民の総意であり、希望である」との言葉を残しています。「平和と福祉はやっぱり社民党」しかありません。社民党は、「平和、自由、平等、共生」の社会民主主義の理念を掲げる、日本でただ一つの政党です。資本主義の誤りやひずみを正し、格差を是正する。平和憲法を生かして平和を追求し人権を守っていく。そうした社会民主主義こそが、一部の金持ちや大企業のための「アベノミクス」、集団的自衛権行使を容認して憲法改悪を目指す安倍政治と対極にある存在であると確信しています。

 すべての有権者・国民の皆さん。子どもたちに、格差拡大と貧困の暮らしを残すのですか。平和を捨て戦争できる国を残すのですか。核のごみや放射能の汚染を残すのですか。将来、「あの選挙が日本の進路の分水嶺になった」と言われるに違いない、大事な総選挙です。安倍政権に4年間の白紙委任状を与えてはなりません。安倍政権の暴走にNO!を突き付け、「戦争できる国」づくり、「世界で一番企業が活動しやすい国」=「世界で一番働きにくい国」づくりをストップさせるのは、今です。まだ間に合います。政治を変えるのは皆さんの一票です。

 社民党は、安倍政権の暴走によって苦しみや不安を増長させられた皆さん、平和を愛する皆さんの声をしっかりと国会に届けます。皆さんの怒りや願い、希望を社民党に託してください。不条理な悲しみを無くし共に笑いあえる社会を作るために全力で取り組みます。社民党に力を与えてください。

 本日投票箱が閉まるまで、有権者・国民の皆さんが社民党への支持の輪を広げてくださることを心からお願いいたします。