声明・談話

2014年10月20日

松島みどり法務大臣の辞任について(談話)

社会民主党幹事長  又市 征治

1.本日、松島みどり法務大臣が辞任した。地元選挙区で3年間に2万本余の写真・名前入りのうちわを配布した問題、議員宿舎入居問題を追及され、野党質問を「雑音」と発言するなど開き直って、東京地検に刑事告発もされていた。法を司る大臣にふさわしくないことは明白であり、辞任は遅すぎた。

2.ただ大臣の職を辞すればよいというものではない。特に地元選挙区でうちわを配布した問題は公職選挙法違反の疑いがあり、国民の疑惑に真摯に答えるとともに、法律違反が明らかになった場合は、当然、議員辞職すべきである。

3.今回、相次いで辞任した女性閣僚は、安倍首相の強い意向で起用されている。資質に疑問が多い閣僚を任命した安倍総理の責任は免れない。真相を徹底究明し、安倍政権を追い込んでいく。

以上

(関連)
小渕優子経済産業大臣の辞任について(談話)