声明・談話

社民党女性自治体議員団は、東京都議会本会議で起きた性差別事件について、吉野利明・東京都議会議長、吉原修・都議会自民党幹事長、鈴木章浩・東京都議に対し、抗議と要請の文書を出しました。このまま幕引きをして、性差別・人権侵害を隠蔽することに抗議し、事実の究明を要請しました。また、鈴木都議には議員辞職を求めました。
(2014年6月27日)

———————————————–

2014年6月27日

東京都議会議長 吉野利明 様

社会民主党女性自治体議員団

東京都議会における性差別に対する抗議および要請

 2014年6月18日、東京都議会本会議において、妊娠・出産に係る都の支援を求める質問をしていた塩村あやか議員に対し、「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」など、複数の男性議員から塩村議員を貶める性差別的な言動があり、それに同調する嘲笑が起きました。

 これは、塩村議員のみならず、女性に対する明らかな性差別であり、人権侵害です。また、女性議員の発言を封じ込める言葉の暴力です。不規則発言をした議員は公人として決して許されるものではありません。

 さらに、吉野議長は言論の場である議会を守り、民主的、公正な議事進行をする立場にありながら、不規則発言を制止せず、事態を放置した責任は非常に重大です。その後の対応にも誠実さが全くありません。

 私たちは、東京都議会が自らこの問題に真摯に向き合い、解決することを期待してきました。ところが、東京都議会は、不規則発言の口火を切った鈴木章浩議員のみに責任を負わせ、形ばかりの決議をあげて25日に閉会しました。鈴木議員が所属していた都議会自民党は、「ほかのヤジは聞いていない」と事実をもみ消そうとしています。

 このまま幕が引かれ、東京都議会という公の場でおきた性差別・人権侵害が隠蔽されることに、私たちは、強く抗議します。これは、東京都ひいては日本の男女平等、女性の政治参画の進展にかかわる問題だからです。

 以下、東京都議会に対し、強く要請致します。

1,事実を究明し、鈴木章浩議員以外の発言者の特定を行ってください。

2,発言者全員に対し、東京都議会として厳正な処分を行ってください。

3,議長が自らの責任を明らかにし、性差別・人権侵害を許した東京都議会の体質を反省する場を設け、実効性のある再発防止策を講じてください。

 

(以上)

 

〔社会民主党女性自治体議員団世話人〕
宮田まどか(釧路市議)、石川ひとみ(秋田県議)、小宮清子(千葉県議)、脇礼子(藤沢市議)、山口菊子(豊島区議)、井加田まり(富山県議)、小沢明美(浜松市議)、沢田たか子(滋賀県議)、佐々木明美(山口県議)、逢坂節子(愛媛県議)、東すみよ(熊本市議)