声明・談話

2013.9.29

 大阪府・堺市長選の結果について(コメント)

社会民主党
選挙対策委員長 福島みずほ

1 本日、堺市長選挙の投開票が行なわれた。結果は、社民党(大阪府連合)が支持し、民主党が推薦、自民、共産が支持した現職の竹山修身(たけやまおさみ)氏が、大阪維新の会公認の新人・西林克敏(元堺市議)を破り、2期目の当選を勝ち取った。大阪都構想への堺市への参画は事実上なくなるとともに、大阪における橋下・維新の会の不敗神話は崩壊し、党解体の危機を迎えた。

2 選挙戦は、橋下大阪市長が進めようとしている大阪市と堺市を一体にした「大阪都構想」についての是非が最大の争点となり、同時に先の参院選で低迷した日本維新の会の浮沈をかけた闘いが展開された。

3 竹山氏は、大阪都構想は堺市の権限を奪い、堺の自由や自治、歴史が分割されるとして強く反対し、「堺はひとつ、堺をなくすな」と強く訴え、幅広く支持を集め勝利した。今後、大阪都構想については、堺市の参画を抜きにして進められるだろうが、引き続き、地域の実情を無視し、分権に逆行する大阪都構想に反対していく。

以上