声明・談話

2012年12月4日

衆議院議員選挙の公示にあたって(声明)

社会民主党

 本日、第46回衆議院議員総選挙が公示されました。昨年の東日本大震災および福島第1原発事故以降初の国政選挙であり、今後の日本のあり方を問う極めて重要な選挙です。

選挙の争点は3つです。①格差拡大か格差是正か②原発推進か脱原発か③憲法改悪か憲法を生かした政治か、を皆さんに選択していただき たい。社民党は、脱原発、消費税増税廃止、TPP反対、憲法改悪の阻止、オスプレイ配備・低空飛行訓練の撤回を選挙公約に掲げています。格差を是正し、脱 原発の実現、平和憲法を生かす社会をつくることが日本の進むべき道である、と社民党は訴えます。

消費税増税は、消費の低迷に拍車をかけるばかりでなく、増税分を価格に転嫁できない中小企業の経営を圧迫し、深刻な雇用悪化を招きま す。また、逆進性が高く不公平な消費税の増税は、さらに格差拡大を進めるだけです。国民生活を圧迫する消費税増税を止め、雇用を守り、増税不況と格差拡大 を阻止しなければなりません。

原発事故から1年半以上が経過した現在もなお、生活の場、仕事の場、ふるさとを奪われた被災者の生活再建は果たされていません。社民 党は、被災地における「人間の復興」を実現していきます。「再稼働反対」デモは全国に広がり、国民の大多数が脱原発を望んでいます。原発事故以前から原発 に警鐘を鳴らし続けてきた社民党が要となって、「脱原発基本法案」を成立させ廃炉を実現していきます。

「国防軍の保持」や「集団的自衛権の行使」を掲げた憲法改正論議が急速に高まっています。憲法で保障された「戦争しない国」を捨て戦 争できる国づくりを進めさせてはなりません。震災と原発事故を経験した今、平和的生存権や幸福追求権など「憲法の理念に基づいた国づくり」を実現すること こそが、日本の再生への鍵です。

社民党は、皆さんの声をしっかりと受け止める候補者を先頭に、「生活再建―いのちを大切にする政治」の実現のため、全力で総選挙を闘います。

社民党への熱いご支持をいただきますようお願いいたします。

以上