声明・談話

2012年6月7日

普天間飛行場への「オスプレイ」配備の断念を求める(談話)

社会民主党
党首 福島みずほ

 野田総理が6月23日の沖縄慰霊の日に沖縄を訪問し、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場への配備受け入れを、仲井真 弘多知事に直接要請することが明らかになった。首相の沖縄訪問に先だって斎藤勁官房副長官や長島昭久首相補佐官が沖縄入りし、県側の意見を聞くことも検討 されている。社民党は、あらためてオスプレイの沖縄配備の断念を強く求める。

オスプレイをめぐっては、開発段階からその安全性が懸念され、4月にもモロッコで米兵人が死傷する墜落事故を起こしたばかりである。 米政府による事故原因の最終的な調査結果は沖縄へのオスプレイ配備後になる可能性が高い。事故原因の解明もされないままで、米国の求めるままに沖縄へのオ スプレイ配備を強行する野田政権の方針は断じて容認できない。

そもそも沖縄にとって特別な「慰霊の日」に、さらなる基地負担を押しつけようとすること自体が県民を愚弄するものである。6月23日 の「慰霊の日」は、悲惨な沖縄戦で犠牲になった20万余の尊い霊に対する鎮魂と非戦への誓いの日だ。よりにもよって、そういう日に沖縄戦の犠牲者に哀悼を 述べる一方で、オスプレイ配備を迫るなど、野田総理の傲慢さと沖縄に対する差別と蔑視の現れにほかならない。

野田総理は、非戦と基地のない平和な日を待ち望む県民の願いに応えるために、オスプレイの配備を断念するべきだ。また、普天間飛行場 の辺野古移設計画を撤回し、世界で最も危険といわれる普天間基地の全面閉鎖・撤去に向けて米国との交渉に直ちに着手するべきだ。社民党は沖縄県民ととも に、基地のない沖縄を目指した取り組みを進める決意である。

以上