声明・談話

2011年3月8日

メア米国務省日本部長の発言に抗議する(談話)

社会民主党幹事長
重野 安正

 米国務省のケビン・メア日本部長(前在沖米総領事)が昨年12月、米大学生らに国務省内で行った講義で、「沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」、「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う」などと発言したことが報じられている。

メア氏本人は、学生のまとめたノートが正確ではないと弁解しているものの、沖縄において総領事を務め米軍基地の経緯と現状を熟知している人の発言としては、極めて許し難い。しかも現在、国務省日本部長を務めている人の発言としては、まったく不適切である。

本日の沖縄県議会が、「沖縄県民の願いと民意を全く無視し愚弄するものにほかならず、到底許しがたいものである」などとして、発言の撤回と謝罪を要求していることは当然である。

社民党は、日本政府が米国政府に対して、メア部長が自らの発言について説明するとともに、沖縄県民の意思を受け止めるよう働きかける ことを求めるものである。社民党は、米国政府がメア部長を即刻解任し謝罪を促すよう要求するとともに、今回の沖縄県民への差別的かつ侮辱的な発言を機に普 天間飛行場の即時閉鎖と返還を求め、米軍基地による沖縄県民の負担軽減をはかるためにひきつづき努力する。

以上