声明・談話

2011年1月1日

2011年 新年のメッセージ

社会民主党党首
福島みずほ
福島みずほ

 2011年の年頭に当たり、祝賀と連帯のメッセージをお送りいたします。

昨年の参議院選挙では、多くの方々にご支援とご協力をいただきありがとうございました。社民党は「生活再建まっしぐら」を掲げて、全 国各地で党の政策を訴えました。公約を守り「言葉に責任を持つ」政治を行ってきた社民党に期待を寄せ、支持して下さる皆さんに心から感謝いたします。

社民党は、完全失業率が5%台と高水準にある雇用状況や地域の疲弊、日本経済を直撃している最近の円急騰などの深刻な現状に早急に対 策を講じるよう、緊急的な経済対策及び予算編成を政府に要求し、国民生活の擁護と再建を図ってきました。2011年度予算案においても、雇用の充実や地域 の活性化、貧困の解消、環境対策、軍縮・平和の推進など、暮らしに直結した分野への予算の拡大、重点配分が図られるよう政府に強く求めています。

昨年の衆参「ねじれ」のなかでの臨時国会は、「政治とカネ」をめぐる問題や尖閣問題など外交問題の紛糾に多くの時間が費やされ、国民 生活に関わる数々の重要法案がたなざらしになっています。社民党は、年頭からはじまる通常国会で、政府の姿勢を厳しく追及するとともに、「生活重視」の政 治を実現するため、労働者派遣法改正案をはじめ生活関連法案の成立に力を尽くします。クリーンな政治で国民の信頼を回復するよう、企業・団体献金禁止の法 律の成立にも取り組みます。

また、平和憲法も堅持していかねばなりません。社民党は「武器輸出三原則」の見直しをさせないよう、政府に働きかけてきました。沖縄 の普天間基地移設問題では、日米共同声明の撤回、基地の国外移設を粘り強く政府に求めていきます。「新しい政治」に期待を寄せた国民の声を裏切るような暴 挙を許すことは出来ません。これからも、憲法改悪の策動を阻止することはもちろん、憲法の生存権をはじめ諸条項を生かしていくための努力をしていきます。

今春には、4年に1度の統一自治体選挙が行われます。誰もが切り捨てられない、共に生きられる社会を目指して、全国各地で奮闘している仲間がいます。多くの人々と力をあわせて、この選挙に何としても勝利し、いのちが大切にされる政治へと変えていきましょう。

2011年が皆様方にとって良い年となりますよう、心から祈念申し上げます。