声明・談話

2010年10月24日

衆議院北海道5区補欠選挙の結果について(談話)

社会民主党
幹事長 重野安正

 本日投開票された衆議院北海道5区補欠選挙は、社民党は中前茂之候補を推薦して闘いましたが、自民党が支援した候補者に敗北するという残念な結果になりました。中前候補を支持していただいた北海道民の皆様に心からお詫び申し上げます。

社民党は、前職が公選法違反で失職したことを重くとらえ、中前氏と政策協定を交わして、今回の選挙に臨みました。国政の与野党と似た 構図のもとで闘われた選挙で勝てなかったことについて、昨年夏の総選挙に見られた政権交代と大胆な政策を求める国民の声に、十分に応えきれていないのでは ないかという反省をしなければなりません。また、厳しい経済状況を好転させるための方策を、十分訴えきれなかったことも今後の教訓としなければなりませ ん。

社民党は、「政治とカネ」の問題について正してほしいという国民の批判や、古い自民党に戻してはならないとの期待に応えるためにも、ひきつづき努力してまいります。

以上