声明・談話

2010年10月13日

米国の未臨界(臨界前)核実験に抗議する(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 重野安正

 米政府が9月15日にネバダの地下核実験場で未臨界(臨界前)核実験を行なっていたことが、10月12日明らかになった。社会民主党は世界の平和を願う人々とともに核実験の中止を求め続けてきたが、こうした声を無視して実験を強行した米政府に対して、強く抗議する。

今回の核実験は、ロスアラモス国立研究所が担当し、2006年8月以来約4年ぶり、米国にとって24回目の未臨界(臨界前)核実験である。米エネルギー 省国家核安全保障局(NNSA)は「保有する核兵器の信頼性と安全性を維持するために必要な情報を得るのが目的」としている。

しかし、米国が未臨界(臨界前)核実験は核爆発を伴わず包括的核実験禁止条約(CTBT)に違反しないといくら強弁しても、国際的な 核不拡散体制が大きくゆらぐなかで、核のない世界への流れを大きく傷つけ、CTBTの空洞化につながることは明らかである。オバマ大統領が「核のない世 界」を目指すことを表明し、核軍縮に向けた機運が高まるなかで、言語道断といわざるを得ない。

アメリカ政府は世界最大の軍事力を持つ強力な核兵器国であることを自覚し、核拡散につながる行為を強く自制し、核軍縮を積極的に進め ることを強く求められている。社会民主党は、ヒロシマ・ナガサキの悲惨な被爆体験を踏まえ、世界の平和を願う人々と固く連帯しながら、あらゆる核実験に反 対し、核廃絶へ向けた努力をさらに強めていく。

以上