声明・談話

2010年9月22日

大阪地検特捜部主任検事の逮捕について(談話)

社会民主党幹事長
重野安正

 昨日、最高検により、大阪地検特捜部の主任検事である前田恒彦氏が逮捕された。前田主任検事は、自らが担当する障害者団体向け郵便料 金割引制度を悪用した偽の証明書発行事件で、証拠として押収したフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんした証拠隠滅の疑いが持たれている。これが事 実であるなら、前代未聞の不祥事である。

前田検事は、証拠品であるFD内の日付の改ざんに対し、「誤って書き換えてしまった」と説明しているが、意図的な操作を疑わざるをえ ない。現に大阪地検関係者が、「前田検事から『捜査の見立てに合うようにデータを変えた』と聞いた」と話しており、地検が改ざんの事実を把握しながら実態 調査や公表を見送っていた疑いもある。検察が予め描いたストーリーに沿って証拠を改ざんすることは、客観証拠に基づく裁判制度の根幹を根底から覆すもの だ。

最高検は、この証拠改ざん事件の真相を徹底的に究明するとともに、過去の事件についても不当な捜査がなかったか検証し、特捜検察を解体する覚悟で徹底的にウミを出し切る必要がある。

社民党は、国会の場で検察組織の実態を追及するとともに、不当に罪をかぶせられようとした厚生労働省局長のような冤罪被害者を二度と生み出さないよう、証拠開示の徹底と取調べの可視化の法制化に向けて全力で取り組む決意である。

以上