声明・談話

2010年7月11日

第22回参議院議員通常選挙の投票日にあたって(声明)

社会民主党

 本日、第22回参議院議員選挙の投票日を迎えました。社民党は、「生活再建まっしぐら」というスローガンのもと、候補者を先頭に全国各地で政策を訴えつづけてきました。

小泉構造改革路線によって、暮らし、地域、セーフティネット、そして平和が破壊されてきましたが、「生活重視の政治を」という多くの 国民のみなさんの力で、昨年の総選挙において政権交代が実現しました。そして社民党は8ヶ月にわたる連立政権のなかで「生活再建」、「いのちを大切にする 政治」をめざし成果をあげてきました。公約を守り、「国民を裏切らない」「言葉に責任を持つ」政治を行ってきました。沖縄の普天間基地移設問題では、これ からも筋を通し、日米共同声明の撤回、辺野古建設計画の中止と基地の国外移設を追求していきます。

今回の選挙は、雇用をたて直し、社会保障のセーフティネットを充実させて、誰もが安心できる暮らしを再建するための選挙です。菅首相 が参院選公約で打ち出した「消費税率10%引き上げ」に、国民の生活への不安は一層強まっています。社民党は、格差の拡大を広げ、特に中低所得者に大きな 負担を強いる消費税率引き上げには反対します。景気回復が見えない中での増税は、ますます景気を冷え込ませ、倒産や失業の増加、貧困家庭の増加を引き起こ すだけです。今、働く人たちの4人に1人が年収200万円以下で暮らし、生活苦などにより年間3万人を超える人が自殺しています。社民党は、社会的に弱い 立場に追いやられた人たちへの支援に優先的に取り組みます。

政権は交代しましたが、政治はまだまだ変わっていません。古い政治の自公政権に戻してはなりません。「生活が第一」のメッキがはがれ た民主党の暴走を食い止めなければなりません。小泉改革に戻ろうとする「新党」にも期待できません。誰もが切り捨てられない、平和で共に生きられる社会を 実現するのが、「いのち、平和を大切にする」政治です。そしてその礎は、日本国憲法の理念にあります。社民党は、これからも、憲法改悪の策動を阻止し、憲 法審査会が動き出さないようひきつづき監視していきます。平和を願う多くの人と手を合わせて憲法9条を守りぬくために、その軸となる社民党の議席を伸ばし ていただかなくてはなりません。国民生活を守るために、政治の「品質保証役」として奮闘しつづけるためにも、国会に社民党の議席が必要です。社民党は全力 で消費税率引き上げを阻止し、改憲の動きに歯止めをかけます。消費税率を引き上げない思いを、生活を少しでもよくしていく思いを、人間らしく働ける思い を、平和憲法を変えさせない思いを、社民党に託してください。

本日投票箱が閉じられるまで、国民の皆さん、有権者の皆さんが社民党への支持の輪を広げてくださいますよう、心からお願いいたします。