声明・談話

2010年1月24日

名護市長選挙の結果について

社会民主党幹事長
重野安正

 本日投開票された名護市長選挙は、社民党などが推薦した稲嶺ススム候補が、自民党と公明党が支援した現職を退けて勝利しました。

今回の選挙は、米軍普天間基地を移設して辺野古に新たな米軍基地を作るかどうかが争点であり、全国的にも注目された選挙です。新基地 建設反対を掲げた稲嶺氏が勝利したことは、平和を求める意思が結集されたものであり、辺野古での新基地建設という日米合意にNOを突き付けた名護市民の賢 明な選択に敬意を表します。

社民党は、連立政権発足にあたって交わした三党合意に基づき、普天間基地を「県外」「国外」に移転させることをめざして、連立政権内でひきつづき努力していく決意です。さらに、米軍基地の整理縮小と日米地位協定の見直しにも全力を尽くしてまいります。

以上