声明・談話

2008年12月19日

年末年始における相談窓口等に関する緊急申し入れ

厚生労働大臣
舛添要一様

社会民主党 党首
福島みずほ

 未曽有の国際金融不安によって国内雇用情勢に大きく影響を及ぼしています。現在、大量の派遣切りによって、派遣・期間工などの非正規労働者が社員寮等から退去を余儀なくされていることや生活不安などに陥っています。

厚生労働省としても全国の主要なハローワーク(187ヶ所)や非正規労働者就労センター等に就労や住宅等について相談窓口を開設して いますが、今回の年末年始については、年末は12月26日まで、年始は1月5日からと窓口が閉鎖されている期間がながくなっています。この雇用情勢を考え るならば窓口の開所の期間と時間を延長して万全な相談体制で望むことを要請いたします。

1.年末年始における全国主要なハローワーク(187ヶ所)や非正規労働者就労センターの開所の期間・時間の延長等をおこない、非正規労働者の相談体制に万全を期すこと。

以上