声明・談話

2008年9月27日

中山国交相辞任の意向発言について(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

本日夕、中山成彬国土交通相が、辞任の意向を示したとの報道がありました。中山国交相は就任翌日の25日、成田空港反対闘争を「ごね得」と言い、「日本は 非常に内向きな単一民族」と発言、さらに、「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低い」などと発言しました。

これらの、事実経緯や歴史を全く無視した勝手な思いこみと、差別的な発言に対して、社民党は26日、直ちに中山国交相に対して、抗議の申し入れを行ないました。

しかし、中山国交相は、北海道ウタリ協会や千葉県知事などには面談し謝罪したものの、社民党や日教組には面談しませんでした。26日の 閣議で謝罪・撤回しているものの、公党である社民党や日教組に対しては説明責任すら果たそうとしない態度は言語道断です。さらに、中山国交相は27日、地 元宮崎で「日教組は解体しなきゃいかんと思っている」とも発言し、現職大臣の労働組合に対する態度として問題です。

中山国交相の人権無視の発言は、辞任したから問題が解決するわけではありません。国交相を任命した麻生首相の責任も当然、問われることになります。

麻生内閣発足直後の閣僚の人権無視発言は看過できません。小泉、安倍、福田、麻生内閣と自民党閣僚や議員による人権無視の発言は留まることがありません。もはや自民党政権が末期的であることを露呈しています。

社民党は、来週からの臨時国会でこの問題について、麻生首相の責任も含めて徹底的に追及していきます。

以上