声明・談話

2008年9月25日

小泉元首相の引退表明について(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

 本日、小泉元首相が引退を表明し、次の衆議院選挙に立候補しないことを明らかにした。社民党は当初から、小泉構造改革によって国民生 活に深刻な問題が生じることに警鐘を鳴らし、強く反対してきた。小泉構造改革の結果、さまざまな格差が拡大し、貧困の問題が大きくなった。地方自治体の支 援が大きくカットされたことにより、地域住民の生活に支障が出てきた。

小泉元首相が派手なパフォーマンスで国民の目をごまかしながら実施した政策により、今日なお国民生活にはさまざまな負担がのしかかっている。また、憲法を踏みにじってイラクへの自衛隊派兵を実施し、靖国神社への参拝によって、アジア近隣諸国との関係を大きく悪化させた。

社民党は、小泉構造改革がもたらした負債を一掃し、政治を大きく転換させるために奮闘する。

以上