声明・談話

2007年11月4日

民主党小沢代表の辞意表明について(談話)

社会民主党党首 福島みずほ

 本日、民主党の小沢代表が、自民党との連立政権構想が不調に終わったことの責任を取って辞任する意向を表明した。

守屋前事務次官の証人喚問が行われ、長年の政官財の利権構造にいよいよメスを入れて与党を追いつめ、真相解明をしようという矢先に、二度にわたる「密室の会談」が行われた。

与野党逆転という参議院選挙において示された民意を尊重するならば、大連立などはありえない。「大政翼賛会的な」大連立を組むことは、民意への裏切りである。また、自衛隊海外派遣を随時可能にする恒久法の制定を、密室の談合で決めるようなことは、断じて認められない。

今後の民主党は、野党共闘に立ち戻るべきである。社民党は、自公政権を追いつめ打倒するために全力を挙げる。

以上