声明・談話

2007年9月25日

福田新政権の発足に当たって(談話)

社会民主党党首 福島みずほ

 本日、安倍首相の辞任を受けて、国会で首班指名が実施された。社民党は、衆議院では福島みずほ党首に投票し た。また参議院では、最初の投票で過半数を獲得した者がいなかったために、決選投票となった。社民党は、第1回は福島みずほ党首に投票し、決選投票では民 主党の小沢一郎代表に投票した。

衆議院では福田康夫自民党総裁が、参議院では小沢氏が首班に指名されるという結果になったために、両院協議会が開催された。その結果、福田康夫が第91代の内閣総理大臣に選出された。

小泉内閣と安倍内閣は、一貫してアメリカに追随し、アジアを軽視してきた。新政権はこれを糺すべきであり、テロ特措法の延長や恒久法の導入は認められない。

また、社民党は小泉改革以来の格差拡大政策によって、日本社会に深刻な問題が表れることにいち早く警鐘を鳴らしてきた。福田内閣がこの問題を解決していくための実効性のある政策をスピーディーに出すよう、臨時国会で迫っていく。

また、政治とカネの問題に関しても、派閥の領袖が集まった新内閣が政官業の癒着にきちんとメスを入れられるとは思えない。社民党は、この点も厳しく追及していく。

安倍内閣は総選挙を経ることなく終わったが、新内閣も自民党内での政権たらい回しにより誕生したものである。社民党は、民意を問うべく早期に解散総選挙を行うことを求めていく。

以上