声明・談話

2007年9月4日

小林温参院議員の辞職について(談話)

社会民主党
党首 福島みずほ

 本日、自民党の小林温参院議員が辞職した。これは、7月29日実施の参議院選挙で当選した小林氏の陣営の出納責任者が、買収による公職選挙法違反 の罪で起訴され、連座制の適用で当選無効となる可能性が出ていたためである。投開票後3ヵ月の辞職によって、次点の松あきら氏(公明党)が繰り上げ当選と なる。

小林氏が議員辞職しても連立与党総体としては、議員数に変化はない。しかしながら、昨日の遠藤農水大臣と坂本外務政務官の辞職に続き、またもや自民党が 「政治とカネ」をめぐって不祥事を引き起こしたことは、同党の古い金権体質がまったくかわらないことを示すものであり、その衝撃は非常に大きい。

「政治とカネ」について国民の関心と監視の目が、従来になく厳しくなっていることに鈍感なままに、つぎつぎと不祥事を引き起こす自民党に対して猛省を促 すものである。社民党は、国民の政治不信を引き起こす「政治とカネ」をめぐる不祥事が続くことを憂慮しており、今後とも金権腐敗体質を厳しく追及してい く。

以上