声明・談話

2007年7月3日

久間防衛大臣の辞任について(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

 本日、久間防衛大臣が安倍総理に辞任を申し出て、これを総理が了承した。

久間大臣が、アメリカの原爆投下について「しょうがないなと思っている」と述べたことは、原爆で亡くなった多くの人と今も後遺症に苦しむ被爆者の気持ちを傷つけるものであり、閣僚の辞任はきわめて当然のことである。

しかしながら、久間大臣は参議院選に影響があるから辞任すると述べており、本音は何ら変わっていないことを示している。

さらに問題なのは、安倍総理は発言の直後には、「久間氏は米国の考え方について紹介したと承知している」とのコメントしていた。これは久間大臣の 発言の重大さを理解していないことを暴露したものである。社民党は、直ちに罷免を要求した。罷免を求める声は広がっていったものの、安倍総理はまたもや一 貫して罷免を拒否し、かばいつづけてきた。今回も「辞任の申し出を了承した」ということであり、閣僚の任免権を持つ総理としての責任をまったく果たしてい ない。安倍内閣として久間大臣の発言をどのように考えているのか、さらに総理の任命責任を問う。

社民党は、国会の関係委員会を開いて、これらの問題を明らかにすることを求める。また日本を戦争のできる国に変えさせないために、核兵器の廃絶を願う多くの人々とともに、参議院選挙において全力を挙げる。

以上