声明・談話

2007年6月30日

久間防衛大臣の原爆投下を肯定する発言に強く抗議する(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

 本日、久間章生防衛大臣は千葉県内の大学で講演し、「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている」と述べた。

久間大臣の発言は、広島と長崎の原爆によって亡くなった多くの人々と、いまなお後遺症に苦しむ被爆者に対する思いがまったく感じられず、許しがた いものである。これは、安倍総理と閣僚の従軍「慰安婦」問題についての発言と同様に、安倍内閣が戦争被害者に対して冷酷であることを示している。

核兵器は非人道的な兵器であり、日本は核軍縮と核兵器の廃絶に全力を挙げなければならない。とくに政府の責任と役割は、非常に重い。

社民党は、安倍総理が久間大臣を直ちに罷免することを求める。最終盤を迎えた通常国会において、厳しく追及していく。

以上