声明・談話

2007年5月3日

憲法記念日にあたって

社会民主党

  1. 本日は、1947年5月3日に日本国憲法が施行されてから60周年にあたります。主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法 は、この60年間、国民生活の向上のために大きな役割を果たしてきました。また、この憲法はわが国が平和国家として歩むことを定めた国際的な公約であり、 他の諸国とりわけアジア近隣諸国の人々から信頼をかちとるための支柱でもありました。
    社民党は、憲法の掲げた目標をさらに具体化し豊富なものとしていくことを、憲法記念日に当たって誓うものです。
  2. 今日の憲法をとりまく状況は、危ういものがあります。憲法改悪のための重大なステップである国民投票法が、4月12日に衆議院の憲 法調査特別委員会で強行採決され、翌日には衆議院を通過しました。教育基本法の改悪や集団的自衛権行使の検討など、これら一連の動きは、安倍内閣が戦後体 制を否定して、一昨年自民党が発表した新憲法草案の内容に基づいて日本を根底から作り変えようする意図を、顕著に示しています。
    国民投票法は参議院で審議に入っていますが、国権の最高機関に集う国会議員たるものが、徹底的に審議すべき重要な事柄を、安倍内閣の意向を汲んで、審議を 切り縮めていこうとすることに、社民党は強い危惧を覚えます。基本法である憲法を変えることは、私たちの生活のあらゆる面に甚大な影響を与えます。憲法尊 重擁護の義務を定めた99条の規定を踏みにじることは、決して許されません。
  3. しかし一方では、ここまで執拗に改憲の必要性を煽り立てるキャンペーンが続いているにもかかわらず、憲法を変えるべきではないとす る人、とくに憲法9条を変えることに反対する人が増加しているという世論調査が発表されています。これは、改憲一般という漠然としたことではなく、平和憲 法の根幹を捨ててしまおうという狙いが分かってきたことにより、人々が日本国憲法の貴重な価値を再認識しはじめた結果です。このまま流されていけば、日本 はどこに行くのかという不安が募っています。私たちの生命と暮らしが憲法によって支えられ守られているという、これまで当然のこととしてあった前提を、絶 対に譲ってはならないと考える人が増えています。
    社民党は多くの人の思いを受けとめ、平和で豊かな日本を次の世代にも確実に引き継ぎ、他の諸国民とも更に良好な関係を築き上げていくために奮起することを、60年という節目の年にあたり宣言します。

以上