声明・談話

2007年4月17日

伊藤長崎市長への銃撃に強く抗議する(コメント)

社会民主党党首
福島みずほ

 本日、長崎市長の伊藤一長氏が男に銃撃されるという極めて重大な事件が起きた。

選挙期間中に、首長候補が銃撃されるという前代未聞の事態である。表現の自由や政治活動の自由を踏みにじるものであり、断じて許すことはできない。

また、このような卑劣な手段で命を狙うことについても、満身の怒りをもって抗議する。

政治活動の自由を暴力で圧殺することを、社会は断じて許してはいけない。このような社会をつくらないために、社民党は全力を挙げる。

被爆地長崎の市長として、平和運動に多大な尽力をされてきた伊藤市長の容態を極めて憂慮している。

以上