声明・談話

2007・2・4

北九州市長選挙の結果について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 又市征治

 本日投開票が行われた北九州市長選挙は、社民党の推薦する北橋健治候補が勝利した。

今回の市長選挙は、「人にやさしく、元気なまちづくり」(ハートフル改革)を合い言葉に、「子育て支援、教育、福祉、環境」を重点とする「人に優 先投資する市政」実現を、党は北橋候補とともに訴えてきた。その訴えが多くの市民の支持を受けた結果の勝利であることをともに喜びたい。

社民党は、この勝利を受け、相次ぐ閣僚の不祥事などで、支持率低落を続ける安倍内閣に対決し、国民投票法、共謀罪や教基法関連法などの廃案はもと より、憲法改悪に断固反対する闘いと、今国会を「ストップ・ザ格差拡大国会」と位置づけ、生活・雇用・地域の再生に向け全力をあげる決意である。

以 上