声明・談話

2006年10月9日

北朝鮮の核実験実施を非難する(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

 本日、朝鮮中央通信は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が地下核実験を実施したと報じた。

社民党は、北朝鮮が国際社会からの度重なる中止要求を無視して核実験を強行したことに、断固抗議する。

今回の核実験は、昨年参加6ヵ国の間で確認しあった共同声明、及び核問題とミサイル問題についての日朝ピョンヤン宣言に違反するものであり、北東 アジア地域の平和を脅かし、相互不信と不安定化を煽るものである。社民党は、アジア、特に北東アジア地域の非核地帯化を実現するために一貫して努力してき ており、この観点からも強く非難する。そして、社民党は朝鮮半島の非核化に向けて、関係国に対して働きかけていく。

北朝鮮は、国連加盟国として国連安保理の決議を尊重するとともに、6ヵ国協議に直ちに応ずるべきである。そして、核実験を二度と行わないことを、国連および6ヵ国協議の場で表明することを強く求めるものである。

以上