声明・談話

2006年7月5日

北朝鮮のミサイル発射について(談話)

社会民主党党首
福島みずほ

  1. 本日未明から早朝にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がミサイルを6発発射した。ミサイルは、いずれも日本海に落下した。これは、ミ サイル発射のモラトリアムを決めた2002年の日朝ピョンヤン宣言に反し、両国民の利益を損なうものであり、きわめて遺憾である。社民党は、ミサイル発射 に強く抗議する。
  2. 昨年9月の6カ国協議の声明では、北東アジア地域の永続的な平和と安定のための共同の努力することを確認している。今回のミサイル 発射は、この声明の精神に反して、北東アジアの緊張を高めるものであり、断じて認められない。北朝鮮は、すみやかに無条件で6カ国協議に立ち戻るととも に、日朝包括協議の再開に応じるべきである。また国連安保理でも緊急に協議することが必要である。
  3. 日本政府は、経済制裁については6カ国協議関係各国と緊密な連携をとり、的確に対応すべきである。

以上