声明・談話

2006年4月23日

沖縄市長選挙での東門候補の勝利について(談話)

社会民主党全国連合
選挙対策委員長 渕上貞雄

 本日実施された、沖縄県沖縄市長選において、社民党・民主党・共産党・社大党・自由連合が推薦した東門美津子候補が、自民党・公明党推薦の候補を 破り勝利した。東門氏は、社民党の前衆議院議員であり、額賀防衛庁長官が訪米して、まさに在日米軍再編中間報告が山場を迎えているときに、沖縄市民さらに は沖縄県民の平和への強い意志が表明されたことは、まことに意義深いものがある。

また、沖縄県で初めての女性市長が誕生したことも、沖縄の女性の地位向上に大きく資するものである。

社民党は、今後とも東門市長を支持する立場から、連携をしていく所存である。

以上