声明・談話

2006年1月23日

ライブドア・堀江貴文社長の逮捕について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 本日、ライブドアの堀江社長が関連会社の企業買収や決算をめぐり、証券取引法違反の容疑で逮捕された。法を逸脱した行為は許されず、証券取引 市場を混乱させた責任も極めて重い。今後、司直の手によって事件の全容が解明されることを期待すると同時に、必要があれば、国会の場でも関係者の国会招致 などを通じて真相解明と再発防止に努力すべきである。
  2. 先の総選挙で、自民党は堀江社長を「改革の旗手」のようにもてはやし、郵政民営化法案反対議員に対する刺客として支援してきたことは周知の通りである。今になって、自民党とは関係のない話のように装うことは言語道断であり、道義的責任は免れない。
  3. 今回の事件は、証券市場にも大きな影響を及ぼした。昨今の株式取引でインターネットを通じた株の売買が急速に広がっている反面、市場の整備や規制が不十分なことも指摘されている。社民党として、事件の背景や問題点を整理し、必要な対策や法整備を検討していくこととしたい。

以上