声明・談話

2005年11月28日

西村真悟衆院議員の逮捕について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 本日、民主党の西村真悟衆院議員が、非弁活動に自らの弁護士名義を使わせていたとする弁護士法違反などの容疑で逮捕された。現職の国会議員と して、また弁護士としてあるまじき行為であり、国民の信頼を損ね、政治不信を招いた責任は極めて重大である。本人が「名義貸しは否定しがたい」と事件への 関与を認めている以上、自ら直ちに議員辞職すべきである。
  2. 報道によれば、西村議員は名義貸しの見返りとして多額の報酬を法律事務所の元職員から受け取り、また元職員の給与支払いを架空計上 して不正申告していた疑いが持たれている。今後、司直の手によって事件の全容が解明されることを期待すると同時に、西村議員の所属先である民主党も責任を 持って事実関係を明らかにするよう努力することを求める。社民党は、事態の推移を注視しつつ、今後、必要に応じて国会の場で疑惑の解明を求めていく。

以上