声明・談話

2005年4月24日

衆議院議員補欠選挙の結果について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長  又市征治

  1.  本日、衆議院議員補欠選挙の投開票が行なわれた。宮城県第2区では、わが党公認の田山英次候補が、力及ばす議席を得ることができなかった。
    ともに民主党の議席であった宮城2区と福岡2区で自民党が勝利した。特に、女性スキャンダルなどで批判を受けた山崎拓氏の当選は極めて残念な結果であっ た。しかし、このことは必ずしも、自民党・小泉内閣が支持されたとは言えず、選挙違反など敵失によるところが大きい。この結果をもって小泉内閣が郵政民営 化を強行するようなことがあれば、国会で厳しく追及していかなければならない。あわせて、通常国会において野党第一党としての存在感を示し得てこなかった 民主党の責任は重大であると言わざるをえない。
  2.  今回の補欠選挙においてわが党は、自民、民主両党による2大政党化に警鐘をならす選挙と位置付け、とりわけ宮城2区は民主党の選挙違反事件が発端となっており、政治への信頼回復を前面に掲げるとともに、護憲と反戦・平和を強く訴え、党首を先頭に全力で闘った。
    投票率は前回総選挙に比べてきわめて低く、政治に対する不信が有権者に根強いことを示している。補選の結果は、わが党が訴え続けたいまの政治への危機感 について、有権者へ十分に浸透させることができず、議席獲得に結びつけられなかった力不足を真摯に反省しなければならない。
  3.  わが党は引き続き、格差社会、福祉切捨て、戦争への道をひた走る小泉内閣と厳しく対決するとともに、この動きを助長する2大政党化への流れを食い止め、競争社会とは対極にある“支え合う社会”の実現を目指し、雇用、福祉、平和の構築に向け全力を挙げる決意である。
  4.  最後に、宮城2区では、自民、民主、共産の各党が公認候補を擁立する厳しい選挙戦のなか、田山候補をご支援いただいた有権者の皆様方に心から感謝申し上げたい。また、紹介者活動などを通じて協力いただいた全国の党員、支持者の皆さんに心から感謝したい。

以  上