声明・談話

2004年11月5日

元衆議院議員鈴木宗男被告の有罪判決について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 又市 征治

  1. 製材会社から林野庁への口利きを依頼され500万円を受け取ったとするあっせん収賄罪、開発局工事に係わり600万円を受け取ったとする受託 収賄罪に加え、政治資金規正法違反(虚偽記載)、議院証言法違反(偽証)の4つの罪に問われた元北海道開発庁長官・元衆議院議員鈴木宗男被告に東京地裁は 懲役2年・追徴金1,100万円の実刑判決を下した。鈴木被告にかけられた容疑は疑惑の一端に過ぎず、鈴木被告には判決を重く受け止め事件の全貌を明らか にすべき責任がある。同時に一人鈴木被告に関する判決ではなく、疑惑に答えることなく、国民を欺き続けてきた自民党そのものの政官業癒着、金権腐敗体質に 対する断罪であり、自民党・小泉政権は自らのこととして猛省すべきである。
  2. 本来、政治家をめぐる疑惑については、国会がその解明に全力を尽くし、責任の所在と再発防止に向けた手立てを明確にすることこそ国 民に対する責務である。振り返ってみると、支援委員会やODAをめぐる様々な疑惑の全容を解明するための再証人喚問を拒み、議員辞職勧告決議案の本会議上 程を二度も葬り続けてきた。いままた日歯連疑惑についても、与党は証人喚問や予算委員会の集中審議に全く応じようとはせず、国会の自浄能力の発揮を否定 し、国民の政治不信を拡大し続けていることは断じて許されない。
  3. 鈴木事件を契機にした世論の高まりに対し、与党は公共事業受注企業からの献金規制についてポーズを示すだけで、結局はあっせん利得 処罰法の「骨抜き改正」でお茶を濁してきた。そして今回も政治資金規正法について、小手先の弥縫策で疑惑に幕を引こうとしている。「自民党をぶっ壊す」と 言いながら、政治改革に背を向け、スローガン倒れで実態には何も切り込まず、金権腐敗体質を隠し温存しようとする自民党・小泉政権の政治姿勢は何ら変わっ ていない。
  4. 近年の「政治とカネ」をめぐる事件や疑惑は、同じ構造の繰り返しであり、政官業癒着構造や政権党の金権腐敗体質自体にメスを入れ る、政治の「構造改革」こそ必要である。社会民主党は、「政治とカネ」に対する国民の信頼回復を目指し、関係者の証人喚問をはじめとする日歯連疑惑の徹底 解明はもとより、再発防止のための政治資金規正法の強化改正の実現に向け、他の野党と結束して全力をあげるものである。