声明・談話

2004年10月24日

新潟県中越地震について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 新潟県の中越地方を震源に23日夕刻に発生した大規模地震は、24日午前の段階で死者が18人、負傷者が1400人以上に達し、鉄道や道路を 含むライフラインを寸断した。犠牲になられた方々とご家族に対し、衷心から哀悼の意を表すと共に、被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げたい。
  2. 政府および被災地の自治体には、被害状況の把握に全力を挙げると同時に、被災者に対する迅速な救援活動と復興対策の確立に万全を期 すことを強く望む。同時に、政府に対して台風災害と合わせ、今回の地震被害の対策にあたり、補正予算の編成も含めて十分な予算措置を講じるよう求める。
  3. 社民党は地震が発生した23日夜に党内に対策本部を設置し、被災現地に調査団を派遣することを決定した。今後、被災地の党組織と連携した上で、政府及び関係自治体に必要な対策を求めていくと同時に、党としても被災者支援のための活動に全力で取り組んでいく。

以上