声明・談話

2004年10月7日

イラク大量破壊兵器に関する米政府調査団の最終報告について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 本日、イラク戦争の開戦時にイラク国内に大量破壊兵器は存在せず、開発計画もなかったという米政府調査団の最終報告書が米国議会に提出され た。「イラク戦争は違法だった」というアナン国連事務総長の発言と合わせ、イラク戦争には根拠も正当性もなかったことが、明確になった。
  2. 小泉首相はイラク戦争の開戦直後に、他国に先駆けていち早く米国を支持し、戦闘行為が続くイラクに自衛隊を派兵、多国籍軍に参加させてきたが、これらの根拠も根底から崩れたと考えるのは当然のことである。
  3. 小泉首相は相変わらずイラク戦争支持の正しさを強調しているが、イラク戦争に「大義」はなかったという判断が国際社会に定着しつつ ある中、戦争支持に至った判断材料を国民に提示して根拠を示す責任がある。社民党は、来たる臨時国会において、イラク問題で誤った判断を繰り返してきた小 泉首相の責任を厳しく追及すると同時に、自衛隊を直ちにイラクから撤退させるよう求めていく。

以上