声明・談話

2004年8月26日

諫早湾干拓事業の工事差し止め仮処分決定について(談話)

社会民主党
党首 福島みずほ

  1. 本日、佐賀地裁は、国営諫早湾干拓事業の工事差し止めを求めた仮処分申請に対し、一審判決言い渡しに至るまで工事を続行してはならないと命じ る決定を行なった。決定は、国が設置した「ノリ不作等検討委員会」が「事業が有明海全体に影響を及ぼしたことが想定される」とした見解を重視し、干拓事業 が漁業被害の唯一の原因とは言えないとしながら、一定程度の因果関係は認められると指摘した。政府は、決定を重く受け止めるべきである。
  2. 政府は、自らが設置した「ノリ不作等検討委員会」も必要性を認めている「中・長期開門調査」に取り組むなどの努力を行ない、干拓事業が有明海の環境に影響を及ぼし、再生の妨げになっているとの結論に至った場合には事業全体の在り方を再考すべきである。
  3. 社民党は、環境重視・生活優先型事業への転換、住民参加と監視システムの確立、公共事業の見直しルールや事業契約を透明化する法制度の策定を目指し、大型公共事業の中身と在り方の改革に引き続き取り組んでいく。

以上