声明・談話

2004年6月5日

年金改悪法は認められない(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 本日、与党は散会となったはずの参院本会議の開会を強行し、政府の年金改悪法案の成立を図った。一連の経過を考えれば、年金改悪法が成立した と認めるわけにはいかない。昨日来、野党は、参院厚生労働委員会での強行採決に抗議し、参議院で国井正幸厚生労働委員長の解任決議案を提出して闘い、衆議 院でも衛藤晟一厚生労働委員長の解任決議案を提出した。いずれも与党によって退けられたが、野党3党は、引き続き参議院で倉田寛之議長の不信任決議案を提 出した。
  2. 再開した本会議で議長に代わって登壇した本岡昭次副議長が散会を宣言した。本岡副議長の発言は、民主主義を軽視し、少数党の意見を 封殺してきた与党の目に余る国会運営を副議長として戒めたものである。与党は、良識の府の副議長としての判断を真摯に受け止め、良識の府を貶めるような国 会運営を猛省すべきである。
  3. 国民の7割が、抜本改革にほど遠い年金改悪法案の成立に反対する中、この声を踏みにじって党利党略で改悪法の成立を強行した与党に 対し、来たる参議院選挙で厳しい審判を下さなければならない。社民党は、選挙戦の一大争点に年金問題を位置づけ、詐欺的まやかしともいうべき年金改悪法の 欠陥・問題点を訴え、全力を挙げて闘う。

以上