声明・談話

2004年5月14日

小泉首相の再訪朝についての談話

社会民主党
幹事長 又市征治

 本日、小泉首相は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致問題を打開するため、22日に平壌を再訪問することを発表した。

社民党は、この訪朝がすでに帰国している5名の家族の早期帰国につながるものとして歓迎する。しかし、これによって拉致事件が全面的に解決するわけではなく、その他の不明の人々の安否などについても、ひきつづき調査を求めていくものである。

さらに、この間停滞していた日朝国交正常化交渉が前進し、日朝間の自由往来を実現させるように強く求めるものである。今回の訪朝が6ヶ国協議にもよい影響を与え、朝鮮半島をめぐる緊張緩和につながることを、強く期待する。

以上