声明・談話

2004年4月17日

行方不明になっていた2人の日本人の解放について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. イラクで何者かに拘束され、行方不明になっていた日本人2人が解放されたことが確認された。情報がまったく入らず、安否が気づかわれていただ けに、先の3人の人質解放に続いて2人が無事に解放されたことを大変うれしく思う。いかなる理由があったにしても、誘拐・人質拘束という行為は許されるも のではない。日本人以外に人質として拘束されているすべての人々も、直ちに解放されることを望む。
  2. NGO関係者やフリー・ジャーナリストの方々のイラクでの活動は、イラクの人々が本当に必要とする支援を直接に行ない、戦争の中で 起こっている真実を報道する姿勢に立った、大変に貴重で有益な活動である。しかし、これだけ誘拐・人質事件が頻発していることには十分留意し、慎重に行動 されることを期待したい。
  3. 一方、イラク戦争開始後もイラクの人々に理解されてきた日本のNGO関係者やジャーナリストまでが事件に巻き込まれるに至った背景 には、戦争と占領統治、最近の米軍の戦闘のエスカレートに対するイラクの人々の反発の高まりと同時に、この戦争を無条件に支持し、自衛隊を派兵した日本政 府の対応にあることも指摘せざるを得ない。
  4. 社民党はイラク戦争と憲法に違反する自衛隊派兵に強く反対してきたが、「非戦闘地域」に活動を限定したイラク特措法に照らし合わせ てみても、自衛隊をイラクから直ちに撤退させるべきだと改めて主張する。同時に、政府が米国政府に対し、掃討作戦や戦闘行為を中止するよう求めた上で、占 領統治から国連主導の復興支援に転換するための外交努力に全力を傾注するよう要請する。

以上