声明・談話

2004.3.5

2004年度政府予算案の衆議院通過について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 本日、衆議院本会議において、2004年度政府予算案の採決が行われ、衆議院を通過した。政府予算案はもちろんのこと、イラクへの自衛隊の派 兵や年金問題、三位一体改革、鳥インフルエンザなど重要案件が山積した予算審議であったが、小泉首相をはじめとする閣僚は紋切り型の答弁を繰り返すばかり であり、十分に審議が尽くされたとはいいがたい状況の中で、採決が行われたことは、遺憾と言わざるを得ない。
  2. 04年度の政府予算案が、目的不明の、まったく新味のない縦割り予算であり、従来の予算の数字いじりに過ぎないものであることは、 既にわが党が指摘してきたところである。むしろ、年金支給の引き下げや厚生年金保険料の引き上げなど、国民への犠牲と痛みの強要が際立つばかりであり、景 気に対してもマイナス効果しかないものと言わざるを得ない。また、ミサイル防衛システム関係費が盛り込まれるなど、予算上も対米追随をいっそう強めるもの となっている。
  3. 政府は、「景気は回復基調に入った」としているが、実態は一部の大企業や輸出産業に限定されたものであり、国民や中小企業にはまっ たくその実感はない。本格的な回復基調にしていくためには、今こそ、雇用や福祉などに大胆な予算配分を行い、国民の生活不安や将来不安を解消することが必 要である。
  4. 予算審議は参議院に移るが、わが党は、政府予算案の問題点や不十分さを徹底的に追及し、国民生活を守るために奮闘する決意である。