声明・談話

2004.2.3

陸上自衛隊本隊第一陣のイラク派遣について(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 多くの国民が懸念する中、本日、小泉内閣は陸上自衛隊本隊のイラク派遣を強行した。「全土が戦場」であり、自衛隊が他国の人に向かって銃の引 き金を引くかもしれない、自衛隊に犠牲者が出るかもしれない「戦地」に重武装した自衛隊を派遣することは、憲法が禁ずる「海外派兵」そのものである。わが 党は、平和憲法を蹂躙する小泉内閣の暴挙に断固抗議するとともに、自衛隊派遣の即時中止を強く求めるものである。
  2. 衆議院におけるイラク問題の審議は混乱を極めた。その責任はあげて小泉内閣・与党にある。「調査報告」をめぐる小泉内閣の迷走ぶり は、「調査報告」のずさんさと、「調査報告」が「自衛隊派遣」に向けての単なるセレモニーに過ぎないことをあからさまにした。憲法上も「重大な疑義」があ り、国のあり方の基本にかかわる重大問題をこれほど粗略に扱う小泉内閣の無責任さには激しい怒りを禁じえない。
  3. ブッシュ政権の中枢からもイラク攻撃の「大義」を否定する声が上がっている。イラクの治安は悪化の一途をたどっている。にもかかわ らず、「大義」のない戦争を支持した責任を放棄し、イラクの現状を無視してひたすら「派遣ありき」で突っ走る小泉内閣の暴走は、「自衛隊派遣」が真の「復 興支援」とは無縁の、ブッシュ政権への際限のない追随以外のなにものでもないことを物語っている。
  4. 小泉内閣は、国会をも「通過儀礼」として「自衛隊派遣」へ既成事実を積み重ねている。衆議院本会議おける単独強行採決は、国会の意 思を無視し、シビリアンコントロールにも反するものと言わなければならない。わが党は、小泉内閣の責任を厳しく追及し、引き続き派兵阻止に向け全力をあげ る。