声明・談話

2004.1.31

イラクへの自衛隊派遣の国会承認の採決に抗議する(談話)

社会民主党
幹事長 又市征治

  1. 自民,公明の与党はイラク特別委員会において採決を強行した。さらには野党が抗議する中,衆議院本会議を単独で開催し、自衛隊のイラク派遣の 承認案件と補正予算の採決を強行する暴挙を積み重ねた。国の行方を左右する重大案件でありながら、みずからの無責任な答弁によって国会を混乱させた責任を 棚にあげ、ひたすら「出口を決めて」先を急ぐ小泉内閣のあり方は国会に対する挑戦であり、冒涜であり、国民を愚弄する以外のなにものでもない。わが党は、 与党の暴挙に対して激しい怒りをもって抗議する。同時に、採決は無効であり,委員会に差し戻すよう強く主張する.
  2. 「サマワ市評議会」に関する小泉首相の答弁、先遣隊が面談した人物でさえ特定できない防衛庁長官。まさに「調査報告」のずさんさを 浮き彫りにすると共に、小泉内閣の「調査報告」に対する取り扱いのずさんさを露呈するものだ。イラクの情勢がどうであれ、しゃにむに自衛隊を派遣するため に、形式的な手順を踏む。国会審議すら「通過儀礼」としてその場をやり過ごし、あとは数の力で押し切ればよいとする小泉内閣の国会軽視は目にあまるものが ある。
  3. 予算委員会、イラク問題特別委員会を通じてわずか4日間、しかもその場しのぎの無責任な答弁を繰り返す審議をもって審議が尽くされ た、小泉首相が説明責任を果たしたなどと思う国民は一人もいないに違いない。憲法上も大きな疑義があり、「殺すかもしれない、殺されるかもしれない」戦場 に自衛隊を派遣するという、国のあり方の基本にかかわる問題をこれほど粗略に扱う小泉内閣を許すことはできない。
  4. わが党は今後ともイラクへの自衛隊の派遣に反対し、懸念する多くの人々と連携して運動を発展させ、「イラク派兵阻止」に全力をあげる決意である。