声明・談話

2003年11月10日

第43回衆議院選挙の結果について(談話)

社会民主党全国連合
幹事長 福島瑞穂

 社民党は、今回の総選挙を日本の将来と暮らしの行く末を決める大変に重要な選挙と位置づけ、党の全力を上げて戦ってきました。残念ながら、改選前 議席数を大幅に下回るという大変に厳しい結果となりました。結果を厳粛に受け止めると同時に、党に期待を寄せてくださった皆さんに深くお詫び申し上げたい と思います。

選挙期間中、自民党政治によって平和と暮らしが脅かされ、「痛み」だけが押しつけられている多くの皆さんから、切実な訴えを受けてきました。しか しながら、「二大政党決戦」が言われる中、小泉内閣と自民党が進める政治への不満や危機感を、党の議席確保に結び付けられなかったことを反省しなければな りません。

イラクへの自衛隊派遣、年金改革、そして教育基本法と憲法の改悪など重要課題は山積しています。少数になったとはいえ、平和と暮らしを守る社民党 の役割は、ますます重要になっていると自覚しています。今後、国会の中外で、さらに奮闘していく決意です。また、敗北という結果を真摯に受け止め、党の組 織や活動の在り方を全面的に点検し、党の再建に直ちに着手したいと考えます。

最後に、党に貴重な一票を投じてくださった有権者の皆さんに心からお礼申し上げます。